<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

口蹄疫で特措法成立へ=農家支援、まん延防止強化(時事通信)

 宮崎県で被害が広がる家畜伝染病、口蹄(こうてい)疫の問題で、衆院農林水産委員会は26日、地元の畜産農家への支援措置やまん延防止対策の強化を盛り込んだ委員長提出の特別措置法案を全会一致で可決した。これにより特措法案は今国会で成立する見通しとなった。 

郵便不正・村木公判 最後のヤマ場、調書の採否を決定へ(産経新聞)
地域主権戦略大綱の骨子を了承(産経新聞)
台湾の陶磁器作家 作品展(産経新聞)
携帯「無料」ゲームに甘いわな アイテム購入で高額請求(産経新聞)
小沢氏、再び不起訴 検察と検審、分かれた証拠評価(産経新聞)
[PR]
by vivg0xb9ge | 2010-05-29 05:47

脳卒中対策基本法「来年めどに議員立法化」−民主議連・石森幹事長(医療介護CBニュース)

 4月末に発足した民主党脳卒中対策推進議員連盟(田中慶秋会長)の石森久嗣幹事長は5月19日、日本脳卒中協会(山口武典理事長)とファイザーが開催した「脳卒中啓発プレスセミナー」に出席し、脳卒中対策基本法(仮称)について、「来年をめどにしっかりと議員立法化していきたい」とあいさつした。

 脳神経外科医として15年の経験がある石森氏は、脳卒中の対策としては、地域の開業医や行政関係者らによる啓発活動と共に、救急・リハビリ体制の整備などが必要だとの認識を示した。その上で、脳卒中対策基本法(仮称)を理念法に終わらせないため、都道府県による対策計画の推進を後押しする考えを強調した。

 日本脳卒中協会など11団体は昨年10月、脳卒中対策基本法(仮称)の立法化を目指す「脳卒中対策立法化推進協議会」を設立。一般市民や患者、医療・介護関係者向けの広報活動を行うほか、各政党に立法化を働き掛けている。


【関連記事】
患者・家族への支援活動を顕彰−脳卒中協会が「サノフィ・アベンティス賞」
高血圧症予防を目指し「塩を減らそうプロジェクト」が発足
脳卒中対策の立法化に向けて協議会を設立
「脳卒中政策サミット」を開催―対策基本法の実現目指す
男性の循環器疾患の発症リスク、生活を楽しむ意識が影響

<万能川柳>強運者の集い 170人参加し大阪で開催(毎日新聞)
首相動静(5月19日)(時事通信)
<コウイカ>赤ちゃん、ちっちゃいけど元気です−−福岡・マリンワールド(毎日新聞)
子ども手当、現物支給検討へ…長妻厚労相(読売新聞)
<陸山会事件>小沢氏再び不起訴へ 新証言は得られず(毎日新聞)
[PR]
by vivg0xb9ge | 2010-05-21 10:02

アカヤシオ ピンクの大波…三重・御在所岳(毎日新聞)

 三重県菰野町の御在所岳(1212メートル)の頂上付近一帯が、ツツジの一種「アカヤシオ」の花でピンクに染まっている。

 ふもとから山上へのロープウエーを運営する御在所ロープウエイによると、今年は4月中旬に中腹で開花し、“ピンクの花前線”が山頂に向かって上がり始めたが、下旬に冷え込んだため8合目(1000メートル)辺りで一時足止めとなった。このため山頂付近への到達は例年より1週間ほど遅れたという。

 見ごろは今月半ばまでで、その後、純白のシロヤシオが咲き始める。【井上章】

【関連ニュース】
ビタミンGウオーキング:花めで眺望満喫 御在所岳2680メートルのコース /三重
企画展:著書や絵、写真で作家・岡野薫子さん紹介−−菰野町図書館 /三重
憂楽帳:山小屋再び

反捕鯨団体捜査 豪法相が協力表明(産経新聞)
<巻機山>男女5人を救助 新潟・群馬県境の遭難(毎日新聞)
千歳基地 電気工事で収賄容疑、空自技官を逮捕(毎日新聞)
<大型連休>25年ぶり「雨なし」(毎日新聞)
<ネアンデルタール人>ヒトと混血の可能性 ゲノムを解析(毎日新聞)
[PR]
by vivg0xb9ge | 2010-05-13 07:11