カテゴリ:未分類( 55 )

<火災>高校生が4歳児救出 排水管から2階へ(毎日新聞)

 20日午後1時50分ごろ、京都市伏見区醍醐中山町の市営住宅「醍醐中山団地」21棟(5階建て)2階、アルバイト、大西好子さん(22)方から出火。46平方メートルのうち台所付近約15平方メートルが焼けた。大西さんの長男(4)が助けを求めているのを高校生2人が見つけ、排水パイプをよじ登って2階のベランダから救出した。長男は煙を吸っており、病院に運ばれたが無事。

 京都府警山科署によると、大西さんは長男と2人暮らしで、出火当時は長男1人だった。

 同署などによると、同じ団地に住む私立綾羽高3年の木ノ下貴紀さん(18)と、木ノ下さん宅に遊びに来ていた府立鳥羽高3年の杉本亨光さん(18)が、「火事だ」という声を聞いて現場へ駆け付けた。室内から黒煙が噴き出す中、2階のベランダに男の子を発見。2人が排水パイプや1階ベランダをつかんで2階へよじ登り、杉本さんが涙ぐむ男の子を右肩に抱え上げて助け出した。

 杉本さんは相撲部に所属し、09年の新潟国体で団体4位を飾ったときのメンバー。「命に別条がなくてよかった。相撲で培った力を生かせた」と話した。また木ノ下さんは「火が見えたので危ないと思った。昔は消防士になりたかったので、助けられてよかった」と話していた。山科署は21日に2人を表彰する。

 現場は京都市営地下鉄醍醐駅の北東で、世界文化遺産の醍醐寺のすぐ近く。【熊谷豪、藤田健志】

【関連ニュース】
<最近の救出劇>JR高円寺駅:転落女性を救助 レールの間に寝かせ
<マンション8階から転落するも>4歳女児 軽傷で済む
<ハイチでは>ハイチ大地震:16歳少女15日ぶり救出
ポーランド:川から氷の海、120キロ漂流の犬救出 だから君の名前は「バルト君」

「いまだに辛い…」イージス艦あたご 海難事故から2年(産経新聞)
「夫婦・親子別姓」法案を提示 法務省(産経新聞)
<労働保険審査会>マツダ元派遣男性の失業手当延長を裁決(毎日新聞)
産後ケアの運動体験=都内を視察−鳩山首相(時事通信)
危険度最高レベル?のソマリア アグネス・チャン視察に論議(J-CASTニュース)
[PR]
by vivg0xb9ge | 2010-02-22 14:46

乱気流 成田行きUA機巻き込まれ20人けが(毎日新聞)

 米国・ワシントン発成田行きのユナイテッド航空897便(ボーイング747−400型)が20日、上空で乱気流に巻き込まれ、負傷者20人余りが出ている模様だ。同日午後3時50分ごろ、成田国際空港に着陸し、成田空港会社から通報を受けた千葉県成田市消防本部が負傷者を同市内の病院へ搬送している。

 乗客の話では、同機はアラスカ付近の上空を飛行中に乱気流に巻き込まれ、衝撃を受けたという。

【関連ニュース】
<写真特集>惨事 貨物機が着陸失敗 横転、炎上 2人 死亡 成田空港(09年3月)
<写真特集>航空機事故:ジャルエクスプレス機、滑走路に翼接触 伊丹(09年4月)
<昭和毎日>「もく星」号、三原山に墜落
<写真特集>羽田で見られる航空機いろいろ

<不明男性強殺>5容疑者を再逮捕…千葉県警(毎日新聞)
<異物混入>1月以降連続5件 埼玉のスーパー「マルエツ」(毎日新聞)
社民、期限付き九州北部案で調整=国民新にシュワブ陸上案−普天間移設(時事通信)
上野動物園にパンダ=11年に中国から2頭−東京都(時事通信)
アパート火災、子供2人死亡=3歳と2歳のきょうだい−東京・練馬(時事通信)
[PR]
by vivg0xb9ge | 2010-02-21 06:29

「普天間」緊密に連携を=沖縄知事と初会談−稲嶺名護市長(時事通信)

 沖縄県名護市の稲嶺進市長は16日、市長就任後初めて仲井真弘多知事と会談した。米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の移設問題で、市長は「難しい局面では相談させてほしい」と要請。引き続き県と市が緊密に連携を取り合うことを双方が確認した。
 稲嶺氏は1月の市長選で、同飛行場を名護市辺野古のキャンプ・シュワブ沿岸部へ移設する現行計画に反対の立場を表明し、初当選。これに対し仲井真知事は、現行計画を事実上容認しつつ、より沖合への移設を求めている。 

五輪スノーボード 国母も決勝へ 男子ハーフパイプ(毎日新聞)
保険外併用療養など「早急な結論は危険」―枝野行政刷新相(医療介護CBニュース)
<幼児肥満>孤独な夕食+寝不足+テレビ=1.7倍 米調査(毎日新聞)
<女性転落>間一髪で救助…線路の間に寝かせ JR高円寺駅(毎日新聞)
雑記帳 “裏”もあります 京都の消防署出張指導メニュー(毎日新聞)
[PR]
by vivg0xb9ge | 2010-02-20 00:03

阪神高速で消防車横転 火事通報受け急行中(産経新聞)

 13日午前11時50分ごろ、神戸市北区の阪神高速北神戸線下り線の新唐櫃(からと)トンネル内で、出動中の消防車が横転した。けが人などはなかったが、車体が片側2車線の道路をふさいだため午後0時10分から、からと西−からと東ランプウェイ間(約2・4キロ)が一時通行止めとなった。

 兵庫県警高速隊などによると、横転したのは神戸市消防局北消防署のポンプ車。火事の通報を受けて火災現場に向かう途中で、消防士4人が乗っていた。運転していた消防士は「時速100キロ前後で走行していたが、車体がバランスを崩してしまった」と話しているという。県警が事故原因を調べている。

相武紗季さん、都内で追突事故 昨年の交通安全ポスターに起用(産経新聞)
<枝野行政刷新相>法令解釈担当に 鳩山首相の意向で(毎日新聞)
パチンコ攻略法の被害相談、6年間で100億円超(読売新聞)
<東京7歳児虐待>静岡で強盗容疑、継父を再逮捕へ(毎日新聞)
<ノリタケ子会社>元社員9日逮捕へ 巨額横領容疑(毎日新聞)
[PR]
by vivg0xb9ge | 2010-02-18 22:52

過労で発症、2億円弱賠償命令=元飲食店店長、意識不明で寝たきり−鹿児島地裁(時事通信)

 鹿児島県鹿屋市の元飲食店店長松元洋人さん(35)が「低酸素脳症」を発症し、意識不明で寝たきりになったのは、長時間の時間外労働が原因として、松元さんと両親が、飲食店経営会社「康正産業」(鹿児島市)を相手に計約3億5000万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決が16日、鹿児島地裁であった。山之内紀行裁判長は安全配慮義務違反と発症との因果関係を認め、未払いの残業代を含め計約1億9500万円の支払いを命じた。
 原告側代理人によると、損害賠償額は約1億8700万円で、過労をめぐる訴訟では最大規模という。
 判決は、松元さんが2004年に低酸素脳症を発症する1カ月前の残業時間を月176時間、発症2〜6カ月前も同平均200時間と認定。「被告に安全配慮義務違反があったことは明らかで、不法行為にも該当する。低酸素脳症発症との間に因果関係もある」と指摘した。
 判決後会見した母紀子さん(60)は「『(判決は)会社を断罪している』という話を弁護士から聞いて、胸のつかえが取れた」とコメント。父美幸さん(66)も「息子に良い報告ができる。これで介護に専念できる」と話した。
 康正産業は1970年設立で、正社員は約380人。鹿児島、福岡、宮崎、熊本の4県ですしや和食レストランなどを展開している。
 康正産業の話 判決文を見て、今後の対応を決める。 

【関連ニュース】
法廷外から訴訟に参加=ネット活用、弁護士ら実証実験

<五輪モーグル>娘に、妻に称賛惜しみなく 上村4位(毎日新聞)
廃テニスボールでユニーク座布団作製 兵庫の女子大生、森田さん(産経新聞)
男子高校生、改札口で背中刺される=中年男に突然−徳島(時事通信)
下着、部屋着をおしゃれに せめて家の中では…値ごろ感で人気(産経新聞)
<ピザハット>プリンに製造器具部品の一部が混入の疑い(毎日新聞)
[PR]
by vivg0xb9ge | 2010-02-17 23:17

<カドミウム>給食の玄米から微量検出 兵庫・地元で収穫(毎日新聞)

 兵庫県体育協会は12日、今月4、5の両日に同県神河町の学校給食などで使った玄米から0.79ppmのカドミウムを検出したと発表した。食品衛生法の基準である1.0ppmを下回り、人体への影響はないというが、0.4ppm以上1.0ppm未満の場合、農林水産省が流通を止める措置をとっている。

 同協会によると、米は昨秋、同町内で収穫したもの。今回、小中学校、幼稚園、保育所に約2900食が提供された。

 同協会は県内の大半の学校給食で米の手配を担当しており、年3回、自主的に汚染の有無を調査。今年1月25日、日本穀物検定協会(千葉県)にサンプルを提出したが、結果が出る前に同県姫路市内の農協に納入を手配したという。

 この農協が仕入れた米は今月10日にすべて回収し、他に汚染の可能性がある米は流通していないという。

 体育協会の大西剛専務理事は「これまでの調査で数値が低く、慢心があった」と陳謝。同県農業改良課は「水田の乾燥などで、カドミウムが水稲に吸収されやすくなったのではないか。収穫地を特定し、原因を究明したい」とした。【金森崇之】

【関連ニュース】
米国:中国製子供用アクセサリーからカドミウム

同志社大で出題ミス(産経新聞)
枝野氏は「助っ人閣僚」 官房長官、政府と党との連携に影響はないと強調(産経新聞)
<山岳遭難>山スキーの4人を発見、下山へ 長野・栂池高原(毎日新聞)
<土曜授業>「賛成」9割 ネット調査(毎日新聞)
小沢氏、GW訪米「大統領にも時間をとっていただかないと」(産経新聞)
[PR]
by vivg0xb9ge | 2010-02-16 23:40

除雪機に巻き込まれ孫死亡=秋田(時事通信)

 13日午前11時10分ごろ、秋田県美郷町千屋の農業高橋誠一さん(65)方で、孫の滉(こう)君(4)が、高橋さんが使っていた家庭用除雪機に首や腕などを巻き込まれ、間もなく死亡した。
 県警大仙署によると、除雪機はガソリンエンジンで除雪用ローターを回すタイプで、幅90センチ、長さ183センチ、重さ約350キロ。滉君は農地の除雪をする高橋さんに付いて行き、近くで一人で遊んでいたという。同署は滉君がローターに挟まれた当時の状況について調べている。 

「17年半はつらく苦しい毎日」菅家さんが陳述(産経新聞)
最大輸送機で重機空輸=陸自ハイチPKO(時事通信)
次官から部長に降格も=官邸主導で幹部人事−公務員法改正案(時事通信)
計画書作成せず手術実施=山本病院患者死亡−奈良県警(時事通信)
<年金事務費>保険費からの「流用」4年でゼロに…厚労相(毎日新聞)
[PR]
by vivg0xb9ge | 2010-02-15 22:35

<円天詐欺>元会長に懲役18年求刑(毎日新聞)

 独自の電子マネー「円天」を使った巨額詐欺事件で、組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)に問われた「エル・アンド・ジー(L&G)」元会長、波和二(かずつぎ)被告(76)に対し、東京地検は8日、東京地裁(山口裕之裁判長)の公判で懲役18年を求刑した。弁護側は無罪を主張して結審。判決は3月18日に言い渡される。

 波被告は最終陳述で「私の事業計画は審理されなかった。新しい事業は意見が分かれて水掛け論になりやすい。私の事業プランも世界の国で採用された時は、さびれていなかったことを証明できるだろう」と話した。

 検察側は論告で「円天を国家が採用するという計画は荒唐無稽(むけい)で、自転車操業を認識しながら資金を集めた。甚大な被害を無視して開き直り、反省がない」と指摘。弁護側は最終弁論で「事業は結果的に失敗しただけで、だます意思はなかった」と主張した。

 起訴状によると、波被告は部下と共謀して06〜07年、「年利36%の利息を配当する」とうそを言い、男女31人から約3億2700万円を詐取したとされる。【安高晋】

【関連ニュース】
奈良診療報酬詐欺:山本被告と医師逮捕、患者出血死関連で
詐欺:預保機構や財務省との関係装う事件相次ぐ
裏金接待疑惑:前福岡県副知事を任意で事情聴取
賠償訴訟:被告所持品の返還拒否は違法 東京地裁判決
詐欺容疑:旅館買収巡り3億円、桑田さんの元義兄逮捕

パレスチナ アッバス議長が広島初訪問、原爆慰霊碑に献花(毎日新聞)
年金照合、2年間で4割どまり=野党は「公約違反」と批判−厚労省(時事通信)
天下り“指定席”再調査へ、対象ポスト拡大(読売新聞)
<漁船銃撃>船長2人を送検 北海道羅臼海保署(毎日新聞)
日弁連会長決まらず 史上初の再投票に(産経新聞)
[PR]
by vivg0xb9ge | 2010-02-14 17:09

<掘り出しニュース>74年前、13歳で世界選手権に出場した少女スケーターがいた(毎日新聞)

 【東京】バンクーバー五輪開幕まであとわずか。史上最年少の15歳でスピードスケート五輪代表に選ばれた高木美帆選手(北海道・札内中)の活躍が注目されるが、74年前の第1回世界スピードスケート選手権大会(1936年)に13歳で出場した少女スケーターがいた。故・汾陽(かわみなみ)泰子さんだ。小平市に住む牛島清子さん(83)ら泰子さんの妹たちは「姉も中学生で世界のひのき舞台で滑った。美帆ちゃんも頑張って」と声援を送る。

 泰子さん、清子さんらは、兵庫県生まれで一家で戦前、旧満州(現・中国東北部)の旧奉天(現・瀋陽市)に渡った。極寒の地でスケートが盛んだった。姉泰子さんはがっちりした体格で五千メートルの長距離が得意だった。奉天朝日高等女学校1年生の13歳で、旧満州在住の少女スケーター3人とともに日本代表としてストックホルムの世界選手権大会に出場した。当時、スピードスケートは五輪種目ではなかった。

 泰子さんら日本選手団は1935(昭和10)年末に旧奉天を出発。ベルリン・オリンピックの開かれるドイツに翌年正月に到着。さらにストックホルムへ。帰路は船に乗ってフランスやエジプトを経由して帰国。旧奉天に帰り着いたのは4月という大遠征だった。

 泰子さんの世界選手権大会五千メートルでの成績は8位だった。戦後、泰子さんは日本に引き揚げ、スケートの指導もしたが87年に亡くなった。77年に発行された母校(奉天千代田小学校)の創立50周年記念誌に「施設の広大で豪華なこと、場内を埋める大観衆の大声援大歓呼の声、みなぎる緊張した雰囲気に圧倒されてすっかりあがってしまい、ご存じのような成績しかおさめることができず、本当に残念でした」と当時を回想した記事を掲載している。

 泰子さんは結婚したが子供がなく、夫と死別したあとは、清子さんがアルバムや遠征のためのパスポートなどを保管してきた。

 清子さんは「当時は天然氷のでこぼこリンクでユニホームもタイツにブルマと今とは大違いですが、姉はよく頑張ったと思います。高木さんも頑張ってほしい」と高木さんの姿に姉の思い出を重ね合わせて五輪開幕を心待ちにしている。【森下功】

〔都内版〕

バルチックカレー運営会社の関係先捜索 無登録で出資金2億集めた疑い(産経新聞)
アーミテージ氏ら知日派疑念 民主党は言語異なる 「抑止力」理解できず(産経新聞)
「地味」「おとなしい」=華やかなブログと落差も−埼玉連続不審死・木嶋容疑者(時事通信)
<感想文コンクール表彰>皇太子さま「良い本と巡り合って」(毎日新聞)
<国交省>財団法人を5カ月指名停止 路面下空洞ずさん調査(毎日新聞)
[PR]
by vivg0xb9ge | 2010-02-12 23:47

本州から戻ったトキの雌が雄とペアに(産経新聞)

 新潟県佐渡市で昨年9月、野生復帰を目指して放鳥されていったんは本州に渡ったが今月2日に佐渡に戻ったトキの雌が8日、雄とペアで行動していることがわかった。雄は求愛のような行動を示しており、繁殖の期待が高まっている。

 雌は昨年9月に2次放鳥された20羽(1羽は保護ずみ)のうち1月中旬に新潟県五泉市に飛来、今月2日に佐渡市に戻った。環境省やトキの観察ボランティアらによると、6〜8日の3日間、雄とペアで行動するのが確認された。雄は繁殖期を迎えたことを示す黒灰色になっており、求愛行動を意味する小枝を折って雌に渡す行動を試みたが、雌は応じなかったという。

 日本野鳥の会佐渡支部の土屋正起副支部長は「雄は積極的だが雌はまだ1歳半で若い。繁殖能力はあるため両思いになるのを見守りたい」と話している。

【関連記事】
放鳥トキが再び佐渡に 繁殖へ期待高まる
トキの生息地分散化を支援 日中共同で環境保全策
トキ夫婦、新居にご満悦? いしかわ動物園に移送
トキ2次放鳥の雌も本州へ 関係者やきもき
トキ7羽を佐渡へ移送 放鳥に向け

まだら模様の冥王星=ハッブル望遠鏡が撮影−NASA(時事通信)
首相動静(2月3日)(時事通信)
小沢氏、会見で幹事長続投を改めて表明(読売新聞)
<シロヘビ>愛のキューピッド出現? 「頭にハート」の赤ちゃん、7日から公開(毎日新聞)
鳩山首相、小沢氏「潔白証明」を強調(読売新聞)
[PR]
by vivg0xb9ge | 2010-02-11 22:43