脳卒中対策基本法「来年めどに議員立法化」−民主議連・石森幹事長(医療介護CBニュース)

 4月末に発足した民主党脳卒中対策推進議員連盟(田中慶秋会長)の石森久嗣幹事長は5月19日、日本脳卒中協会(山口武典理事長)とファイザーが開催した「脳卒中啓発プレスセミナー」に出席し、脳卒中対策基本法(仮称)について、「来年をめどにしっかりと議員立法化していきたい」とあいさつした。

 脳神経外科医として15年の経験がある石森氏は、脳卒中の対策としては、地域の開業医や行政関係者らによる啓発活動と共に、救急・リハビリ体制の整備などが必要だとの認識を示した。その上で、脳卒中対策基本法(仮称)を理念法に終わらせないため、都道府県による対策計画の推進を後押しする考えを強調した。

 日本脳卒中協会など11団体は昨年10月、脳卒中対策基本法(仮称)の立法化を目指す「脳卒中対策立法化推進協議会」を設立。一般市民や患者、医療・介護関係者向けの広報活動を行うほか、各政党に立法化を働き掛けている。


【関連記事】
患者・家族への支援活動を顕彰−脳卒中協会が「サノフィ・アベンティス賞」
高血圧症予防を目指し「塩を減らそうプロジェクト」が発足
脳卒中対策の立法化に向けて協議会を設立
「脳卒中政策サミット」を開催―対策基本法の実現目指す
男性の循環器疾患の発症リスク、生活を楽しむ意識が影響

<万能川柳>強運者の集い 170人参加し大阪で開催(毎日新聞)
首相動静(5月19日)(時事通信)
<コウイカ>赤ちゃん、ちっちゃいけど元気です−−福岡・マリンワールド(毎日新聞)
子ども手当、現物支給検討へ…長妻厚労相(読売新聞)
<陸山会事件>小沢氏再び不起訴へ 新証言は得られず(毎日新聞)
[PR]
by vivg0xb9ge | 2010-05-21 10:02
<< 口蹄疫で特措法成立へ=農家支援... アカヤシオ ピンクの大波…三重... >>